Mission Statement​

湘南インターナショナルスクールは、子供たちに英語と日本語で行うプログラムを提供しています。世界の多種多様な文化が持つ価値観を認知し、共有するために、子供が主体的学べる環境を提供し、探究心を育てることをミッションとしています。

​グローバル・バリュー、親、先生、子供が主体的に、問いかける、探求心、


 

湘南インターナショナルスクールは、子どもが主体的に学び、生涯探求者として、自ら価値を生み出すことをミッションとしています。
多種多様な文化を認知し、共有するために、理解者である先生と親がともに子どもの発達を学び、質のある問いかけや効果的なコミュニケーションを実践します。三者三様の価値観をはなしあい共有することで、子どもは英語と日本語の2か国語においての表現者となります。

Vision Statement ⇒これをcommitmentに代えたらどうか
 

日本語における学習プログラムは、日本の文化を意識しながらも、国際的な標準に沿ったアプローチを

導入しています。本プログラムはグローバルスタンダードに沿って、子供を学習の中心に置いたプログラムで構成されています。子供は、先生と親の影響により、自己認識と価値観で作られていきます。大人の価値観を通じて子供は生涯影響されるため、私たちは、学校として学習する環境だけでなく、サポートを必要とする人たちのためにあり、子供が生涯の中で向き合う様々な課題や問題を解決できるように援助するための存在です。
私たち教師は、人と建設的な関係性の築き方を紹介する役割であり、子供は、学習、仲間との間や学校生活で起きる様々な事柄を通じて、問題解決力と向き合いながら、リーダーシップとは何かを考え続け、仲間に対する「共感」をどのように持つかを学んでいきます。

 子どもと関わる大人は子供の心理に沿って子供の行動の意味合いを学んでいます。

 子どもと関わる大人は子供の行動のパターンを観察し、伝える力を伸ばしながら自立した解決を サポートします。

 子どもと関わる大人は子供の興味に関心をよせ、ともに体験し、感動し、勇気づけます。

 子どもと関わる大人はチームとして柔軟にいろいろな考え方をとりいれる姿勢を意識しています。

 子どもと関わる大人は自らの良さを磨いています。

 子どもと関わる大人は子供の価値観を知り、先入観を持たずに接します。

 子どもと関わる大人は体験した結果を味わい、順序立てて話し合い、子どもの論理的思考を作ります。

 子どもと関わる大人は目的を明確にし、自分を振り返り、誠実に実践しています。

 子どもと関わる大人は楽しい、新しいことを生み出し、形にしています。

Core Values
 

​Shonan International Schoolは、積極的に多種多様な価値観をもつ、グローバルな社会の一員となるために、子供を学習の中心に置き、「学び」に必要な「過程」に重点を置きながら、4つのRの価値基準を提唱しています。

​これは、guideline 2018 のvision statement に入っていたこと

子ども一人ひとりにポテンシャルがあり、安心と意欲を育てる環境で学ぶ権利があると 信じます。
子どもに自分で探究し、問題を解決する力と新しいアイディアを発見できる 学びの環境を提供します。
子どもが「学び」に必要な要素を一緒に見つけるパートナーであると考えます。
子どもが個性を伸ばすだけでなく、建設的に仲間と関われると考えます

​これらの特性を身に着けていくには、時間、忍耐、そして練習がたくさん必要です。私たちは子供と一緒にこれらの価値基準を勇気づけていくことで、子供は勇気をもって、体験を通じて得る、結果にたどりつくまでのプロセスこそが​、子供をさらに動機づけ、勇気をもって臨むことが可能となると考えています。

Respect(尊重)

尊重の意味を理解している子供は、相手の気持ちに対しての配慮することができ、
周りにフェアに接することできます。尊重できる子どもは自分のことも尊重します。

 

「子供は、尊重されたと感じた時のみ、相手も尊重することを覚えます。」


Resourcefulness(生活力)

生活力のある子どもは、様々な方法でコミュニケーションすることができ、問題を解決する術を知っています。子どもは自発的に情報を適切な環境から収集することができ、その情報を共有する意味を理解します。

 

「子供は、質のある質問をする機会を与えられた時に、生活力にあふれた人間性を身に着けることが可能となります。」

 

Responsiveness(社会性)

社会性を備えた子どもは、フレンドリーで、共感する力を持っています。子供は、自分が理解されたと感じた時、相手のことも理解します。

 「尊重を覚えた子供が、社会性に富んだ人との接し方を体現できます。」
Responsibility(責任)
子どもは自分と行動に責任を持っています。責任感のある子どもは、目の前にあるタスクを率先して関わります。 
 
「子供は、発達の中で見合った責任を果たす体験をし、勇気づけられた時、はじめて責任を覚えます。」
 
Positive Reinforcement(勇気づけ)
​私たちは、子供の自尊心を高め、ひとつひとうのタスクに達成したという自己肯定感を体験するためには、正しい注目と勇気づけがもっとも効果的であると考えています。
 

「植物にも太陽や水が必要なように、子どもにも勇気づけが必要である」

-ルドルフ・ドライカース